日本で不動産契約を補完するもの

日本で不動産契約を補完するもの

日本で不動産契約を補完するもの 不動産は預貯金と並ぶ代表的な財産です。
だからこそ、物件選びと契約事項は十分吟味して決める必要があります。
日本において売買時に取り交わす書類として「契約書」があります。
契約書は契約の締結を証するだけでなく、その内容を明確にする役割を担っています。
額面の大きい取引のほとんどのケースで契約書を作成します。
不動産取引においても同じことが言えます。
売買の対象となる場所や売買金額、付帯条件、日時に至るまで詳細に記載されている者がほとんどです。
契約書自体が契約締結の証となり、双方の意思表示が明確となります。
しかしながら不動産取引にはもう一つ大切な書類があります。
それは「重要事項説明書」と呼ばれるものです。
不動産取引においては、その物件が持つ特徴や情報、懸念点など重要な事項を説明する必要があり、取引業者にも説明義務があります。
契約書では説明できない細かく繊細な内容を補完する重要事項証明書は契約書と同等もしくはそれ以上に大切な書類です。
取引においては正確な情報提供と正しい理解が不可欠です。
二つの書類が相まって一つの取引を成立させます。
売り手と買い手双方の納得を生み出すために、これらの書類は欠かせない存在なのです。

日本ならではの不動産の確認事項

日本ならではの不動産の確認事項 不動産を購入することが決まった場合、購入する物件と売買契約についての詳しい説明が行われます。
この説明のことを、重要事項説明と呼びます。
不動産購入における確認事項として、重要事項説明はとても大切です。
重要事項説明では、重要事項説明書が渡されます。
そして、宅地建物取引主任者によって書類の内容について説明が行われます。
説明の時に理解できないことがあった場合は、遠慮なく質問することが大事です。
重要事項説明書は、しっかりとチェックしておかないと、後でトラブルになることも多いです。
マンションであれば、管理費や、修繕積立金の確認も大事です。
契約違反による解除についても、しっかりとチェックする必要があります。
売主が期日までに建物を引き渡さない場合は、契約を解除して、違約金を請求できるケースが多いです。
違約金の金額も、規定されています。
新築のマンションの場合は、契約を解除した時のオプションの扱いについてもチェックが必要です。
利用する予定のローンについて、金融機関や返済内容についても詳しく明示されているか確認することも大事です。
予定していた住宅ローンを借りることができなくなった場合、ペナルティなしで契約を解除できるという特約がローン特約です。
もし特約の記述がない場合は、どうして特約が付けられていないのか聞いた方がいいです。

おすすめ不動産関連リンク

古民家・リゾート・住宅・土地など様々なライフスタイルを提案してくれるサイト

千葉 不動産

新着情報

◎2017/12/20

物件を退去する流れ
の情報を更新しました。

◎2017/10/18

不動産と税金について
の情報を更新しました。

◎2017/8/30

大切な「利回り」の確保
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

不動産仲介業者の仕事
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

古民家不動産の魅力
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

売却するための豆知識
の情報を更新しました。

「不動産 確認」
に関連するツイート
Twitter

NGT暴行事件が深刻化か? | 財経新聞 zaikei.co.jp/article/201902… こちらの記事、書かせていただきました。 事実確認や裏付け取材などのため(といっても知人の不動産関係者や法曹関係者に話を聞いた程度ですけど)遅れてしまってすみません。

Twitter潜水亭沈没@雑文屋@zaikeinoginogi

返信 リツイート 17分前

BSのこと調べすぎて職人になれそう。とりあえずアンテナは買ってきて簡単に自分で取り付けられるらしく、賃貸だからベランダに設置可能か不動産屋にメールで確認してるところだけど、なんなら室内でもいいのかなとスマホのBSコンパスってアプリで電波状況調べて問題がないということがわかった。

返信先:@bokuyukita1005 ペット不可ってのも大家さんとか不動産屋さんで線引きが違うから入居時にちゃんと確認しときたいよね。 一階だからね!他の人に迷惑はかけないっ!!それが強みっっ!!

いつもFXがメインですが😅 実は私の投資のメインは マンション経営です またには現地で管理状況を確認❗️ 管理会社の皆さん ありがとうございます🙇🏻 #マンション経営 #不動産 #副業 #不動産経営 #資産運用 #投資 pic.twitter.com/fQE7OrYmSe

教えてやろう、凡骨認印などの印鑑には、一般的に触って直ぐ上下が分かるよう「さぐり」というくぼみがあるが、不動産売買など大金が関わる契約をする際に用いられる実印や銀行印には「さぐり」がついておらん。それは、上下を確認する“間”を作り、本当に印を押していいのか再確認するためなのだ!

Twitter凡人にはこの知識必要。@m62110891621118

返信 リツイート 18:55

pic.twitter.com/VWCwYImNaQ 船橋市大穴北3丁目2期3棟2-B号棟の新築住宅 写真多数掲載中!! ぜひ不動産のオオタニのホームページでご確認ください e-ootani.jp/b/p/detail.php…

Twitter不動産のオオタニ売買@ootanibaibai

返信 リツイート 18:39

pic.twitter.com/VWCwYImNaQ 船橋市大穴北3丁目2期3棟2-A号棟の新築住宅 写真多数掲載中!! ぜひ不動産のオオタニのホームページでご確認ください e-ootani.jp/b/p/detail.php…

Twitter不動産のオオタニ売買@ootanibaibai

返信 リツイート 18:39

また悪徳不動産屋では、存在しないのに空室ですよと言って来店させる「おとり物件」かどうかも確認できる点がアピールポイントです。 ◇当社がお部屋を探す窓口になりますので、色々な不動産屋さんに足を運んだり問い合わせしなくて良いというメリットもあります。

Twitter完全紹介制不動産屋(仲介手数料最大無料)@QadBYptLADfC68S

返信 リツイート 18:17

引越に必要な書類の用意を夫に頼まれたんだけど、不動産屋の連絡がいつもメールじゃなくて電話だから何の書類が必要なのか後から確認できないとイライラしてるので、あなたがメモしてないのが悪いと言ったら不貞腐れてやっと仕事を始めた。何なの。

今、不動産会社を名乗る男がピンポンしてきて「ポストに書類入れたので確認お願いします」って言われて去って行ったんだけど 確認したらなにも入ってなかった どーゆーこと?こわ